いぼの出来る原因を知って正しい治療で切除をすることが大切

レーザー治療を知ろう

鏡を見る女性

いぼの治療として有効なのが美容外科で行なうレーザー治療だと言われています。いぼを切除することが可能となるので、多くの方が選んでいるでしょう。主に炭酸ガスを使用してレーザー治療を行なっています。レーザー治療のメリットは、狙った箇所だけを治療することが可能になるので肌への負担も少ないとされています。そのことは、いぼの近くの肌への影響を最小限に留めることが出来るのです。治療の箇所にきちんと狙いを定めることは、痛みを少なくさせることにも期待が出来ます。そして切除による出血も少なく抑えられるでしょう。レーザー治療の他に、液体窒素による切除方法もあります。これは昔から存在している施術方法で、保険が適用される治療なので人気高いものとなっています。液体窒素の治療がどんなものかというと、マイナス何百度の液体窒素を使用したものでいぼの患部を凍傷させて切除する方法となっています。レーザー治療は、ウイルス性のいぼや加齢によるいぼにも最適な治療だと言われています。レーザー治療を始めるには、まずは診察でいぼのサイズや状態、種類を慎重に確認していきます。そして診察の後には、レーザーを当てて問題がないか、テスト期間が必要になっていきます。そのためレーザー治療はすぐに治療が行なえるものではないので、治療期間を把握してから受診することが大切ですね。このレーザーのテストでかかる時間は三ヶ月を目安としています。テスト期間が無事に終了したら、施術費用の見積もりや施術の日程、予約を取る作業になります。施術当日、レーザー治療では局所麻酔でレーザーをいぼの患部に照射していきます。レーザーを照射するので、時間的には一瞬に感じるでしょう。そのため、複数のいぼをまとめて治療する場合でも時間がかかるものではありません。このように、レーザー治療は施術が始まってしまえば時間がかからない治療なので、通院回数を短縮出来ます。そのことからわかるように、負担が少なくなります。他には、再発の少ないところもメリットだと言えます。やはり首や顔などの場合施術による影響を受けて跡が残ってしまわないか、不安になるものですよね。レーザー治療なら狙った箇所だけの治療なので、跡が残りにくいといった利点があります。さまざまな治療法がありますが、自分に合ったものを選ぶことが大切だと言えます。そして、いぼが小さい間に治療を行なえば施術もスムーズに出来ると思うので早めに美容外科などを受診した方が良いとされます。

Back to Top