いぼの出来る原因を知って正しい治療で切除をすることが大切

薬の成分などを知ろう

頬を触る女性達

いぼを切除したいと思ってもなかなかすぐには実行に移せないものですよね。そんな時には、薬による治療があるのでそれらを試すことが大切です。まずはかかりつけの医師に相談をして、治療方針を決めていくことが重要になります。

Read More

いぼを自分で切ったらダメ

医師

首に出来たいぼは、とても目立ってしまうもので、種類によっては大きくなって気になるものです。怪我やかさぶたの感覚で自分で取ってしまう行為は大変リスクのある行為なのでやめましょう。ハサミで切除も危険なので絶対に行なわず、美容外科に相談しましょう。

Read More

美容外科で治療しよう

鏡を見る女性

いぼは種類によっては痛みを伴わないものもありますが、場所や摩擦によって痛みを感じる可能性もあります。いぼは目立ってしまうものなので、出来ればすぐにでも切除したいものですよね。美容外科なら美容に特化した治療を専門としているのでおすすめです。

Read More

原因や種類を学ぼう

ドクター

いぼが出来る原因としてよくあげられるのが、加齢によっていぼが出来るケースです。肌の老化が原因となり肌の生まれ変わりが上手く行なえないことが理由として考えられています。老化による肌の生まれ変わりが正常に行なえなくなると、古い肌の細胞や角質が増えるので悪循環になってしまいます。そこに、要因となる肌とアクセサリーや衣類などの摩擦でいぼが出来るのです。加齢によっていぼが出来るもう一つの理由としてあげられるのが、免疫力の低下です。外部からの摩擦による刺激に対抗する力がなくなることでいぼが出来てしまいます。また、紫外線もいぼが出来てしまう原因となっているのです。紫外線はいぼだけではなく、シミやしわなどの原因にもなってしまうので肌を綺麗に保ちたいのであれば紫外線対策をしっかりと行なっておくようにしましょう。

いぼには様々な種類が存在しますが、大きく分けて2種類に分かれます。それは非ウイルス性のいぼで、サイズが大きくて1cm程のサイズ感になります。色が肌色なので気づきにくい面もありますが、褐色の場合もあります。次にウイルス性のいぼは、感染により出来たいぼです。ウイルス性のいぼは自分で切除をせずに、きちんと病院を受診して切除を行なってもらいましょう。皮膚にキズなどが出来た際に、その場所から感染したことが原因だとわかります。ウイルス性いぼのサイズも、非ウイルス性と変わらず、大きくて約1cmの大きさです。キズがつきやすい手や顔などがウイルス性に感染してしまう可能性があるので、日頃から気をつけることが重要です。

レーザー治療を知ろう

鏡を見る女性

ここでは、いぼを切除するためのレーザー治療について細かい情報を紹介しています。レーザー治療は狙った箇所だけを治療が出来るので有効的な治療方法であることがいえます。また、跡が残りにくいといった点も美容面で嬉しいポイントです。

Read More

アフターケアについて

カウンセリング

気になるいぼをレーザー治療など、切除施術を受けた後に気になるのがアフターケアです。術後の肌はとてもデリケートなので、繊細に扱わなければなりません。自宅で出来るケアなどを紹介しています。

Read More

Back to Top